鉄拳 レイ・ウーロン 酔歩解説 構え解説⑥

鉄拳7

 

スポンサーリンク

意表を突ける動きが多い。わからん殺しに使える技多数

酔歩構えの性能解説

酔歩は6WPで生構えを出せるが出だしにパンチ捌き性能があり、
捌き後は確定する技は無く、6F有利で側面を取るだけだが捌き判定の
出が5~25Fと早くて時間も長いので意図せず捌くことがたまにある。

もしもの時用に連携は用意しておこう。(オススメは右アパと横移動二択)

1 or 2 or 3で構え解除でき、4 or 6で前後に動ける。

また、一番面白いポイントとして
寝構え中にWPを押すと酔歩構えしながら起き上がる
この状況から崩しを出すと慣れてない相手は素直に食らってくれる事も
多いので覚えておいて損ではないだろう。

酔歩構え中の主要技

①酔連拳1発止め~背向け(酔歩中にRP4)

構えから中段振り下ろしパンチをかます。ガードされてからが本番の技で
ガード時にレイ側+1F有利で背向けに移行して相手強制しゃがみと割と
至れりつくせりの技。

相手のトゥースマと背身下掃打(背向け中に2LP)が相打ちが取れて
しゃがパンには振り向きライトゥーが刺さる。

発生が18Fとやや遅めの技なので相手の割込みに注意しながら
ちょくちょく出していきたい。

②酔狐連撃2発止め(酔歩中にLKRPRK)

下・中の連携攻撃。初段カウンターで3段目まで連続ヒット。

そこそこ出が早くて下段なので拾い位置が低いコンボ始動技からお世話になる。
また、2発目ガード後に相手強制しゃがみでレイ側-1Fなので攻めを無理矢理
継続することが可能。

ガード後固まる相手には横移動二択をかけて暴れる相手には3発目出し切りで
黙らせよう。

③酔虎脚(酔歩中にRK)

中段キックの浮かせ技。単純に中段の崩しとしてどうぞ

④酔歩腿~足向け伏寝(酔歩中にWK)

遅めの下段ドロップキック。ダメージそこそこ高め。
技後寝構えに移行するので捌かれない限りは超ローリスク
そのままガードされてから図々しく寝構えの技にいくのも面白い。

ヒット後は相手がダウンするので反撃の恐れはない。

⑤何仙飛撃~頭向け伏寝(酔歩中に4WP)

サイコクラッシャーの様にクルクル回って飛び込みながら頭突きをする中段
短距離で着地した後、そのままこの技も寝構えに移行するので
捌きの可能性が無いので更にローリスク。
(頭突きなので一部キャラに共通で実装してる返し技でも取れない)

ヒット後はしゃがみ起き上がりからしゃがみ中1RPLPRKでコンボにいける
出てさえしてしまえば超ローリスク・ハイリターン。

⑥瓶酔(酔歩中にWL or WR)

酔歩中の投げ。攻めのアクセントに抜けコマンドはWP

⑦仰向け寝構え(2WP or 2RP+LK)~跳身酔歩(各種寝構え中にWP)~
前ダッシュ(酔歩中相手側にレバー入れっぱなし(4 or 6))

ネタ連携。仰向けで寝た後にWPを押すと酔歩しながら起き上がるので
その状態で相手側にレバーを入れっぱなしにすると相手とは逆方向に
レイが千鳥足でテテテテーッっと走っていってしまう。

よくわかってない相手だとわけもわからず追いかけてくる事があるので
そこを背身後掃腿(背向け中2RK)で刈り取ってしまうというもの。

ネタ連携なので使いすぎに注意。

スポンサーリンク

酔歩構え移行でオススメの技

①逆ワンツー6入れっぱ(RPLP6)

ど定番。出が早い・2発目中段・派生技があるから相手も安易に手を
だし辛い。確反で使うのもあり。

②跳身酔歩(各種寝構え中にWP)

性能解説で触れた寝構えから酔歩をしながら起き上がる特殊動作
あんまりレイを知らない人に見せつけると動きが固まるので
各種崩しでダメージを持っていってしまおう。

各種寝構えに続く・・・

各種寝構えの解説ページへ

レイウーロン攻略トップへ
鉄拳7FR攻略トップへ

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました