鉄拳7FR フェンウェイ立ち回りまとめ① ~置き技・ラウンド開始時~

鉄拳7

 

そもそもどんなキャラ?

スポンサーリンク

崩し・フレーム・牽制・固め・確反・返し技・避け技など一通り
揃っていて器用なのがフェンウェイ。
但し崩しでガッツリとダメージを持っていくにはある程度
近づく必要があるので注意しよう。

ラウンド開始時は虚歩(6WK)・バクステ・横歩きあたりがベター

まずラウンド開始時だが下手に攻め込むと避けられて終わるので
虚歩(6WK)をメインに

・バクステ
・横歩き

あたりを使っていこう。
虚歩でもし相手の技を避けることに成功したらRPかLKでスカ確
を取っていき、相手が何もしていなかったらLPとLKで二択を
迫ろう。

もしラウンド開始時に相手が横歩きする癖を見抜けたら
ホーミングの6WPでコンボを取り、相手が

・ファランの後ろ飛びチョン蹴り(7RK)
・フェン同キャラの虚歩

のように後ろ避け技を使ってきたら6LKRKでガッツリ
ダメージを持っていこう。

置き技は右脚爪蹴破(6RK)か剛掃腿(1RK)

ラウンド開始時の読み合いが終わると中距離への読み合いになるが
相手が攻め込んできた時に置いておく置き技としては

・右脚爪蹴破
・剛掃腿

がオススメ。
基本は右脚爪蹴破のほうが派生が沢山あってオススメだが

・風神拳持ち(一八・平八等)
・666RPの上段パンチ持ち(アリサ・クラウディオ)

達には6RKが出る前に潰されることが多い。
なので、これらのキャラには上段で有ることを逆手に取って
剛掃腿(1RK)を置き技に採用していきたい。

しゃがステなので避けつつ攻撃できるのはもちろん
三島使いでステステで威嚇してくる奴らにも
剛掃腿を潰せる中段ステキャンを打とうにも
そもそも置き技でこちらが先に出てるので相手が間に合わない
事のほうが多い。

三島使いはこれを潰そうと思ったら

・リーチの長いジャンステ
・ステップインしゃがみガード

を使う必要があるのだがジャンステは当然横歩きに弱いし
ステップインしゃがみガードはステステで暴れ回ってた頃と比べて
急に動きが固くなるのでその頃には大分攻めやすくなっており、
不意に攻め込んで最風で迎撃される・・・ということも激減しているはず。

666RPのバーンナックル系上段はお互いしゃがステとジャンステで
スカり合うことも多いので読めたらしゃがみ待ちで迎撃していこう

スポンサーリンク

右脚爪蹴破(6RK)派生の選択肢

置き技で右脚爪蹴破を使う時は以下の派生メインで行こう。

①6RK4(背向け移行)

文字通り1発止めの後背向けに移行する。
ヒット時にはちゃんと空中コンボにいけるのでご安心を。

②6RKLK(中段派生出し切り)

元来ついている中段の踏みつけ攻撃を出し切ってしまうもの。
初段をスカしてスカ確取ろうとする相手に有効

ヒット後は倒震脚(2WK)が確定。
空中コンボほどではないがそれぞれの単体ダメージ
がデカいので空中コンボのダメージ補正きつい本作では
割と負けず劣らずのダメージになる。

③6RK4~2LK(背向け移行後下段単体技)

背向け移行後に背向けから出せる単体技2LKをだしてしまうというもの。
6RKLKと比べてちょっと出が遅いのでスカ確を取ろうとする相手の
タイミングをずらせる

ヒット後はこれも空中コンボに行ける。逃さず拾っていこう。

フェン攻略トップへ

鉄拳7攻略トップへ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました