鉄拳7FR エディ・ゴルド立ち回りまとめ (置き技等)

鉄拳7
スポンサーリンク

二択が強いキャラなのでスキありゃ即ガン攻めで

暇あらば4LPRKを擦っていきたい

エディの主力技と言ったら何と言っても

・4LPRK

から始まる連携。
この技は14F発生の中段でヒットガード問わず二段目まで行けば

・4LPRKLK(中段・割込み潰し)
・4LPRKWK(下段・割込み潰し兼コンボ始動技・横にそこそこ強し)
・4LPRK4(逆立ち移行・本命)

と、ガードされても無理矢理攻める事ができて
相手側からするとかなりしんどい展開に突入します。
そこからの連携については人によって変わってくるのですが
オススメ連携ページにて管理人がよく使う連携をまとめてみたので
チェックしてみてください。

エディ・ゴルドおすすめ&ネタ連携まとめ

本命の座り二択

エディには

・座り


・逆立ち

の2つの構えがありますがこの内座りは

・トゥファオン(【RKLK】下段コンボ始動技・15F)
・トロッカ・エ・アタカール(【LKRK】中段コンボ始動技・17F)

・見てからガード不可
・どっちがヒットしてもコンボ

とエグいダメージ効率の二択に行く事が可能です。
連携ページや当ページでも座りの攻めの組み立て方について
解説しているので是非参考にしてみてください。

エディ・ゴルドおすすめ&ネタ連携まとめ

スポンサーリンク

横移動LK2からスーッといきなり密着座り構え

まず初心者から上級者まで幅広くオススメできる移行方法ですが

・横移動LK

を出す方法です。

これは中距離からかなり長い距離を座りながら滑っていき最後に
中段キックを出す技なのですが、技中に2を入れっぱなしにすると
攻撃を出さずに座りに移行します。

こうすることで中距離からいきなり座り二択を仕掛けられます
お試しあれ。

バクステ厨にはしゃがみ中3RKから二択タイム

鉄拳の基本として二択がきつい相手にはバクステ連発して
さっさと距離を離すというのがセオリーとしてあります。

エディも例外ではなく慣れてる相手はちょっと暇があれば山ステ・
野ステを連発してさっさと距離を開けられる事があります。

そういう相手はしゃがみ中3RKを狙ってみましょう。

しゃがみ中3RKはそこそこリーチの長い下段で技後座りに移行します
山ステや野ステしようもんなら基本これらは下段に無防備なので
キレイに下段で削られた後にそのまま二択に行ってしまいます。

山ステ・野ステ連発する相手には狙ってみましょう。

避け技の性能を全てきっちり把握しておこう

エディは他キャラと比べると露骨に横移動の性能が悪く
他のキャラの横移動で避けれるような技を避けれないことが
ちょくちょくあります。

ただエディは幾つか避け技があるのでそれらを使うと
防御的な戦い方をすることも可能です。


まずはイスカラディモオゥン(4WP)

これは右横にググーッと軸をずらしつつ中段パンチをかまします。
他のキャラの右横移動よりは避け性能は良くガードされても確反は
無いので何していいかわからなくなった時はこれをぶちこみましょう

ヒット後にその場起きする相手にはダッシュで近づいてからの
ベンリン~ヘランパゴが背面ヒットして5~6割減るので是非
狙ってみましょう。

次にバルセロス(1WP)

これは見ての通りイナバウアーばりに後ろにのけぞりながら
両手で相手攻撃する中段攻撃ですが

・ノーマルヒットでコンボ
・ガードされても確反無し
上段と一部の高めの中段を避けつつ攻撃
判定低めの中段もリーチ短ければ避ける

とリターンとリスクがいい意味で釣り合って無いです。
なので相手のワンツーやショートアッパー等の判定が弱めの中段技
が来るタイミングが読めたら積極的に狙っていきたいです。

その他しゃがみスカ~立ち途中LPLKや4LKLKも狙ってみましょう

置き技はファイスカ(横移動中WK)一択

置き技ですがこれはファイスカ(横移動WK)のみで良いです。
側転宙返りする中・上段技なのですが2発目しゃがまれても相手は
スカ確を入れる事が難しく、しかもヒット時はコンボに行く事が可能です。

技後しゃがみに移行する事ができここからの立ち途中LPLKでないと
コンボ拾いは難しいので必ずしゃがむようにしましょう。

9LKで無理矢理二択に突入 ※初心者向け

エディの技で・・・


ジャンピング斜め踵落としみたいな技があります。
ここからエディは

・9LKLK(中段)
・9LKWK(下段)
・9LK2(座り移行)

に派生できます。相手は座り移行以外には割込みはできず二択を
うけるしか無いので困ったら9LKを当てましょう

ちなみに9LKLKは空中コンボ・9LKWKは座り中【LKRK】で追撃可能
なので覚えておきましょう。

ワンパターンにならないための構え中の小技


座りや逆立ちは座りの二択が強すぎてしょっちゅう狙いがちに
なりますがそればっかり狙っていると動きがワンパターンになるので
逆に危ないです。

そういう時に構えの技の中にはヒット時に有利フレームを作りながら
別の構えに移行するローリスク技があるのでそれを使って相手の
狙いを散らしていきましょう

ここまで来ると中級者ぐらいまでの相手にはいわゆる「わからん殺し」
に見えてきます。

使っていきたい技としては

逆立ち中

・4LK
・2RK2
・LP

座り中

・RP
・RPRK派生

辺りがオススメです。
逆立ち中4LKはケズリ下段でヒット時+7フレームをゲットしつつ
座りに移行するかなりやらしい技です

逆立ち中2RK2は4LKの中段バージョンです。これもヒット時+9フレーム
です。座りに移行します。

逆立ち中LPはパワクラなので逆立ちを暴れで潰してくる相手に
ぶちこみましょう。

座り中RPはかなり相手にめり込む中段パンチでガード時-6フレームで
ローリスクで派生があるせいで相手は固まりがちになり、両パン投げ
が刺さりやすいです。

座り中RPRKは4LPRKの派生に行けるのでそのまま立て続けに
攻め続けましょう。

技後めり込む技の後に両パン投げを仕込むと効果的


打撃オンリーも中々面白いんですが途中で両パン投げを仕込むと
相手は何していいかわからなくなって面白いです。

・4LPRKLK
・座り中RP

最初はここらへんから狙ってみましょう。

壁際に追い詰めたらレイジドライブを即攻出せ!!

これは賛否両論分かれるかもしれませんがレイジアーツを
出すタイミングも無く相手を壁際に追い込んだならさっさと
レイジドライブを出すのをおすすめします。

理由としてはヒット時はコンボに行けるのは勿論ですが
ガードされてもエディが12フレーム有利なまま座り状態に移行するので
ガードされても無理矢理壁際に追い込んだ状態で二択タイムに突入
するのがかなり強いです。

・トゥファオン(下段・15F)
・サベサダスアベリャ(中・中段・18F)

とどちらも割込み不可なので理不尽な攻めが可能です。
どちらもヒット後に壁コンに行けます。

一応壁際以外でもガード後に二択に行けますが
バクステされるとスカる攻撃が多いので管理人的には
壁際でゴリ押しするのがオススメです。

エディ・ゴルド攻略まとめトップへ

鉄拳7FR攻略まとめトップへ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました