鉄拳 対リロイスミス戦攻略 対策まとめ

鉄拳7

4RKがギリ届かない距離をキープしつつ置き技と横歩き多めで

スポンサーリンク

調整が入って大方の予想通り見事大幅な弱体化を喰らったリロイ
ですが管理人が見てて一番「痛てぇなあ~ココ」と思うのが・・・

この66LKのホーミング性能が削除されたので
リロイ側からすると中距離でガンガン横歩きされると相当辛いです

そうするとリロイ側は

この4RK(ホーミング中段)を振り回す必要があるのですが66LKのような
超リーチではなくそこそこ長めのリーチなので中距離だったら比較的66LKと
比べるとスカし易いです。

そうなるとリロイ側はダッシュで近寄ってワンツーやショートアッパー・
またはケズリの2RPや

・前ダッシュから奈落(1LKWP)


・前ダッシュから2LKRP

を仕掛ける必要があるのですが
そうなってくると今度はこちらの右アッパーやハイキックなどの置き技が
リロイにザクザク刺さっていきます。

まとめると・・・

4RKが届きにくい距離をバクステでキープしつつ横歩きも混ぜながら
置き技をブンブン振る

というのが弱体化後のリロイ戦では一番オススメです。

 

ただ、近距離は相変わらず強いです。返し技が豊富で二択もコンボ
行ける下段は無いけどやたら有利フレーム取れる削り下段もあり、
固め技も確反の無い中段だらけの連携もあり、近距離技の選択肢に限って
言えば至れり付くせりです。(強いて言えば避け技が無いぐらい
ですがリロイの技構成上あってもなくてもそんなに脅威度は
変わらないです)

なお、リロイは中距離からの崩しは
微妙にしんどいですが

・置き技(9RK。フラヒ)
・スカ確(66RPRP・9WKWP・6RKRK)

は結構強いので不用意に攻め込んだり置き技を振りすぎるのは
やめましょう。ちゃんと三すくみで良さそうでタイミングで行かないと
フラヒで狩られてコンボ行かれますし何も考えずにバカみたいに
置き技振るとダッシュRPRPでスカ確取られてこれもコンボに
行かれます。(ちなみに66RPRPは発生14Fでかなり早くリーチもある
コンボ始動技です。先端ガードだとワンツー系の確反届かない
ことがたまにあるのでハイキック系での確反か一八の4LPRPみたいに
長いワンツー系での確反を意識しましょう)

スポンサーリンク

構えを見たら基本的に左横歩き一択

リロイを象徴する構え「独歩」ですが

リロイの構えについてですが大体の派生技を左横歩きで
避けることが可能です

・構え中6LP
・構え中4RK

は左横歩きに強いですが大したダメージも無くどちらも
しゃがみで対処可能なので下段捌きをしつつしゃがみスカし
確反の準備をするのもGOODです。

構え中は下段は自動反撃・上・中段用の返し技も出せる

「割り込める状況なら上・中段で割り込めばいいんじゃね?」

という方もいらっしゃるかも知れませんがそれは違います。
リロイの構え「独歩」は下段と特殊中段は自動反撃で3割奪われ
構え中に4RPを押すと上・中段の返し技も出せるので他のキャラの
構えほどの穴は無いのでくどいようですが基本バクステで
距離を開けてください。

くどいようですが相手が下段擦るのが見えてきたら
下段捌きやジャンステが一番無難です。

構え以外でも左横にペラペラな技多し

構え以外の近距離戦ですがリロイの技は比較的左横にペラペラ
な技が多いので困ったら左横移動をするのがオススメです。

主力技で調べた限りでは

左にペラペラ

3LPLP(アパスト)
3LPRK
2LKRP(下・上の固めの構え移行技・超主力)
1LPLK

右にペラペラ

構え中RKWP
奈落(1LKWP)※但しタイミング超シビアでかつ横歩きのみ

どっちもペラペラ

9RK
4LK
構え中6RK
構え中4LP
2WP
1RK
66RPRP

個人的に調べただけなので間違っている可能性もありますが
参考にしてもらえると幸いです。なお、上記は全て横移動ではなく
横歩きで検証しております。

リロイスミス攻略まとめトップへ

鉄拳7FR攻略まとめトップへ

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました