鉄拳 レイ・ウーロン 鶴構え解説 構え解説⑤

鉄拳7

 

スポンサーリンク

鶴構えの解説です。癖の強い構えなのでアクセント程度に使えるとgood

鶴構えの性能解説

鶴構えは左横移動で豹構え・右横移動で蛇構えに移行できます。

一番目立つのはやはり構え中は上中段共にガード不能な点でしょう。
一応下段はオートで鶴翼飛天(鶴構え9RK)で反撃してくれますが上記の
デメリットが大きすぎるので実質無いに等しいでしょう。
これも1・2・3どれか入れっぱなし解除できるので困ったらさっさと解除しよう。

崩し性能はまぁまぁ高く、中段はコンボ始動技・下段は追撃可能な
ダウンする下段を持つ。

とはいえ豹構えと虎構えの性能が良すぎるのであまり無理に狙いに行く
構えではないです。ホントに趣味の構えといった感じです。

スポンサーリンク

鶴構え中の主要技

①鶴襲破(鶴構え中WP)

この技自体が特別強いわけではないが鶴構え中の技で最速の13Fなので
鶴構えが上中段ガード不能な関係上状況によっては打たざるを得ないときもある。
一応コンボ始動技で確反なし

②鶴爪 (鶴構え中RK)

鶴構え中RKで出る下段攻撃。発生19Fなので見てからガードは無理。
ノーマルヒットでダウンするのでローキックなどで追撃確定。

ガードで浮かされるので気をつけよう。

③鶴翼飛天~鶴の構え (鶴構え中9RK)

鶴版ライトゥー。発生17F中段のガードで-14Fでヒット後空中コンボへ。
単純に鶴爪 との二択に使える。技後は強制的に鶴構えに戻るので
ヒット後のコンボレシピはそれ専用のものがいる。

鶴構えに移行するのにオススメの技

①鶴翼飛翔脚~鶴の構え(9LK)

鶴翼飛翔脚はカウンター狙いで使えるジャンステ中段の主力技だが
技後強制的に鶴の構えに行くのでそれに合わせた戦術を考えよう。
ガードされても-2Fと優秀なので下手な暴れは左横移動~豹構えでスカせる。

②龍声出しきり~横移動(65LPRPLPRP~RK or LK ~ 2 or 8)

龍声シリーズは出し切ってから横移動すると鶴の構えに移行する。
構えに行く横移動までに相当ディレイをかけられるのでガードされてから
横移動で構え移行も面白い。

中段出し切りがヒットしたら相手はダウンするので起き攻めタイムに突入する。

酔歩解説へ続く・・・

酔歩解説ページへ
レイウーロン攻略トップへ
鉄拳7FR攻略トップへ

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました