鉄拳7FR 対ニーガン戦 攻略まとめ

鉄拳7
スポンサーリンク

基本は確反と左右投げ抜け意識しながらバクステ

下段はペラペラ

近距離は確反意識しながらバクステとボッ立ち

ニーガンはやたら攻撃回数の多い連携技が多いので

「途中でしゃがめばよくね?」

とか

「横歩きでなんとかなるっしょ?」

とか思いそうになりますが色々検証した結果
下手に上記2つの選択肢を取るのは管理人的にはあまりオススメしません。

なぜかと言うと割と上段連携と中段連携がバランス
よくバラけてたり、片方だけやたら潰す中段連携
とかも割とふんだんにバラけてるので意味も無く
体力を削られることが多いからです。

詳しくは次項で解説しますがニーガン戦で近距離に
なったら

・左右投げ抜けと確反フレームをを意識しながら
何かガードする度にちょくちょくバクステしながら
ボッ立ちガード

が一番無難です。

スポンサーリンク

下段は弱いのであまり意識しなくてOK

ここまで読むと

「えっ?しゃがみガードしなくていいの?」

と思うかもしれませんが基本しなくて良いです。

ニーガンは基本下段が弱く、生ローとかポールの
不知火みたいな微妙な技しか無いです

一つだけアゴニー(1RP)というそこそこ強い下段技
がありますがこれも対処法があるのであまり
怖くないです。

なのでニーガン戦は基本立ちガードでOKです。

プラクティスモードで確反練習やってる気分でOK

これは全距離においてですが先述の通り基本下段が
弱いのでこっちが攻め込めるタイミング以外では
プラクティスモードで立ちガードの確反練習やってる
気分でやってるだけで結構痛い目に遭わせれます。

距離が離れるスキあり技は下手に確反しない方が吉

ニーガンの一番の特徴は何といってもあの血まみれ
の釘バットですが(ルシールと言うらしいです)
あれのせいで同じ様な性能の技でも他キャラと
比べるとリーチが長く、

先端ガードとかするとフレームは間に合ってる
けどリーチが短くて確反になってない

みたいな状況にたまになったりします。
平八の鬼神拳の確反とかであったりしますね。
ああいう感じです。

特にワンツーパンチ系は気をつけたほうが良いです。
クマパンジャッククラスのリーチでないと
届かないことがそこそこあります

なのでリーチ的な意味で確反が怪しいと感じたら
確反入れずに二択をかけに行ったほうがいいでしょう

特にシャオユウみたいなリーチ短いキャラは
ワンツー以外でも痛い目に遭いやすいので注意。

ニーガン版右アパは-14F(ただし遠い)


多分ニーガンと初見で対戦するときに一番厄介に
感じる人が多いであろうニーガン版右アパ(3RP)ですが
あれは-14Fとそこそこ重いです。

但しリーチがあるので確反する時はどの距離で
あっても予めそこそこリーチがあるものを用意
しておきたいです。

ラース・ブライアンはジェッパ系でガッツリ
確反取っていきたいところです。
(どうせ相手はロクな下段無いので確反に
全神経注いどきましょう)

下手な置き技は右アパで狩られるので抑制気味で

先述した右アパがやたらリーチ激長なせいで
不用意に置き技を振るとすぐ右アパで狩られるので
危ないです。

他キャラよりは置き技は抑制気味で良いでしょう。
置きジャブとかで相手の余計な動きはそこそこ
潰せるのでそちら多めで。

中距離は横歩きしながらワンツーばら撒きが吉

中距離ではスラッシュRP(666RP)がホーミング
ほどでは無いですがそこそこ追っかけるので若干
ウザいですが割と発生が遅いので横歩きしながら
ワンツーとかがローリスクでオススメです。

ただ読まれるとスカしから決め打ちで右アパを
差し込んでくるのでそこは読み合いになります。

パワクラ中段浮かせ技は小技で固めつつガードで浮き確

ニーガンを近距離で逆にこちらがニーガン側を
固めてるとニーガンは返し技が無いので
振りかぶって釘バットを振り上げるパワクラ
中段浮かせ技(6WP)をぶっこんでくる時があります

これは発生が24Fとかなり遅く、しかもガード時は
-15Fなので標準的な確反性能を持っているキャラ
だったら確実に浮かせれます。

なのでもしニーガンを近距離で固めている時は
小技メインで固めるとパワクラ部分を削りつつ
ガードが間に合うことがチョコチョコあるので
ガードが間に合えばそのまま浮かせちゃいましょう

アゴニー食らった後はパワクラかしゃがみか避け技

ニーガン戦で一番厄介なのがルシールの先端で
足元をドスーン!!と叩く下段のアゴニー(1RP)
ですがアゴニー後の構えには+7Fで有利取られつつ

・そこそこ横移動を追っかける中段(構え中RP)
投げ抜け不可の壁強取れる投げ(構え中LP+LK)

があるので横移動しても狩られるし、
ニーガンだからとボーッと突っ立っていると
ガード崩されて壁コンで5割持ってかれます

もちろん何回もリベマとかしてて癖が分かってる
ならそれぞれの技にあった対策(横移動なり確反なり)
を叩き込めばいいですが、初見プレイヤー相手なら

・パワクラ
・しゃがみ

逆二択を仕掛けましょう
パワクラだと痛み分けみたいになりますが
ニーガン側もアゴニーを出すのがダルくなってくるし
ニーガン同キャラやリリ・ファラン辺りは
パワクラでコンボに行けるので上記キャラ限定に
なりますが逆にリターン勝ちできます。

しゃがみは先述の投げ(構え中LP+LK)と
上段ホーミング(構え中WP)をスカせるので
スカした瞬間即浮かせちゃいましょう。

基本的にはニーガン側は中段の選択肢を振ってくる
事が多いのでパワクラ多めがオススメです。

鉄拳7FRニーガン攻略まとめトップへ

鉄拳7FR攻略まとめトップへ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました