鉄拳 レイ・ウーロン 蛇構え解説 各種構え解説①

鉄拳7

 

スポンサーリンク

レイウーロンは構え・及び構えからの各種派生技が多すぎるので
個別ページでまとめてみました。まずは蛇から。

蛇構えの性能解説

左横移動で龍構えに移行する。
上・中段ガード可能でジャンステ技を持たず、下段ガード不可なので
下段にやや弱い傾向にある。

但し、1・2・3入れっぱなしで構えを解除できるので
相手の下段での潰しが遅れるとこっちのガードが間に合うこともしばしば。

この構えが強いと言われる点はなんと言っても
右横移動で豹構えに移行できる点。

なぜ豹構えへの移行が強いのかと言うと元々豹構えは姿勢が低いので
上段攻撃を常に避け続けることができ、豹構えに移行すると
横に弱い攻撃と上段攻撃どちらも避けながら豹構えに移行するので
普通の横移動よりも数倍性能が高いのです。

蛇は崩し性能がそんなに高くなく、豹は高いので
どちらかと言うと豹に行くことこそが本番みたいな構えです。

スポンサーリンク

蛇構えの主力技

蛇構えの主力技をまとめると・・・

①蛇突連破(蛇中LPRPLPRP)3発止め

発生11Fなので相手の不用意な暴れを潰せる。
上・中・中・上なので相手のしゃがみスカし反応が早くなければ
しゃがみも潰せる。

なぜ3発止めがオススメなのかというと
3発止めからレバーを6に入れっぱなしにすると豹構えに移行できるので
わかってない相手には二択でわからん殺しできる。

②蛇巻烈指(蛇構え中WP)

蛇巻烈指は後ろに避け性能のある中段攻撃
蛇構えは殆どの技がしゃがパンとワンツーに潰され易いのだが、
蛇巻烈指はこれらを唯一避けながら攻撃できるので
何回か読み合いをして「あっこいつ蛇の性能わかってるな?」と思ったら
相手を壁際に追い込んでからローキック→蛇巻烈指とやると避けつつ壁強ダウンに
追い込める。

③蛇尾(蛇構え中RK)

ケズリ下段。蛇は下段が弱いのでボッ立ちの相手にチクチク削るのに
一役買ってくれる。

蛇に移行するのにオススメの技

蛇構えに移行するのにオススメの技は以下の通り

①ローキック~蛇構え(2RK2)

発生12Fの下段でガードされても大した反撃を受けず気軽に出していける。
ヒット後に-1Fなので右横移動で豹構えに移行したり
LPRPLPで暴れ潰ししたりと選択肢豊富。

②右アッパー~蛇構え(3RP6)

ガードされて-9Fで相手は動きたくなるので右横移動で不用意な暴れは
スカシていきたい。

③龍声1発止め~横移動(65LP~2 or 8)

中距離の主力技龍声の1発目から横移動すると蛇に自動で移行する。
ガードでワンツー以上確定するので2~5発の派生で狙いを散らしていきたい。

豹構えに続く・・・

豹構え解説へ
レイウーロン攻略トップへ
鉄拳7FR攻略トップへ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました